Img_bcc7cd3e69a1bb0b5b7379ce8a638f5c
2016年11月19日
1部 13:30- open 14:00- start
2部  17:00- open 17:30- start

定員:各回20名様 
料金:お一人様 3500円(ケーキセット+ライブチャージ)


秋という季節には、その美しさを歌った日本歌曲と
儚(はかな)い想いを歌った『恋』の歌があります。
明治時代に西洋文化に触れる場所として有名な
「鹿鳴館」を舞台にフランス将校との短くも、
一生忘れることができない恋をした日本人令嬢の
お話をお楽しみください。
 
紫堂 恵(しどうけい)朗読家。 朗読法研究「恵笙会」主宰
NHK 名古屋放送局の専属劇団在籍中、テレビ、ラジオの番組に出演の傍ら演劇、音声表現の基礎を学び、 やがて独立。その後は朗読活動に専念する。 名古屋を中心に、朗読の舞台公演、文芸朗読講座における指導、ラジオ出演などの活動を展開。 特に舞台では和洋音楽、能楽、造形美術、舞踊など国内外の多彩な分野のアーティストとの共作、共演多数。

ソプラノ歌手・都木(たかぎ)敬子
東京藝術大学音楽学部声楽科ソプラノ専攻卒業。卒業後アメリカ・NYにて音楽留学を経て、帰国。以降名古屋を中心に積極的に演奏活動を行う。モーツァルトをレパートリーとし、高音域、難易度の高さから、歌える歌手が少ないコロラトゥーラ・ソプラノ歌手として演奏依頼も多数。2013年にカフェ&ギャラリー「ラ・メゾン・デ・レギューム」をオープンし、演奏活動と並行しながら現在に至る。


ご予約はお電話またはHPのメールにて
受け付けています。
定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにご予約ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしています。