Img_08a413a3a65e776e37a8d0933b294040
 一目惚れしたピッチャー
Img_9a11edcd52b10239f2c77d9774d652ce
李朝の壺のようなやわらかい丸みの壺
Img_aaeed781d6e710414386c53fb89fb963
三島の器 おはぎを盛ってみたいと思いました。
Exhibition 2015

vol.7


「小山乃文彦の器」展


ーやわらかな粉引 ー


2015・10・4sun −10・10sat

会期中は無休になります。

作家在廊日  10・4sun




ラ・メゾン・デ・レギューム
11:30−18:00
052−832−3738
Img_20ced0478f2495a4efa987b33f767327
花器としてもオブジェとしてもうつくしい粉引の壺
Img_31d4284e62e4015d786b0932bb107bb5
片口は酒器としてはもちろんですが、お抹茶を点てるのにも使います。
Img_e1a1aa32bc6d446efb30a7b7885188de
面取られた筒型の茶器・我が家では小鉢にお漬物を入れて使っています。
小山さんの器との出会いは鎌倉にあるギャラリー「うつわ祥見」でした。
「李朝の壺」の白の色とやわらかな形に惹かれていて、小山さんの急須を見て、
一目で気に入って購入しました。


何年も過ぎて常滑のギャラリーでまた小山さんの作品に巡り合いました。
片口と茶器を購入して、お茶を入れて持った時の温かさと安定感
手の大きさにすっぽりと馴染む茶器
たっぷりとお茶を飲みたい時は小山さんの茶器を使います。


小山さんが常滑で作陶されていることを知って、
この企画展が決まりました。



個人的な我儘な注文で、お茶のための急須や茶器
和菓子用の高台のあるお皿
梅干しやお味噌を入れる壺などもお願いしました。
思い描いていたとおりの器が出来上がりました。


ぜひこの機会にお手に取ってご覧ください。


そしてこれからの暮らしに加えていただいて、
毎日の料理やお茶の時間を待ち遠しいものにしてください。


粉引は飽きがこない美しくやわらかい白の器です。


小山さんのお人柄にも表れている優しさが作品の表情にも表れています。
粉引の器は土ものなので、秋から冬の季節になると恋しくなる器です。






Img_20144eab6aaf9267a5f4099cef2ca2b6
左側の2つの壺はお味噌の壺にもいいかなっと思います。犬の蘭子ちゃんが走り回っている庭で壺もリラックスしているように見えました。
Img_31c34395af0cbba1cc3977067a65d656
小山さんが大切に育てられている稲。台風の前に収穫できるといいですね。
Img_9ba023f291b45cbc9c78c9b2b5de7b3b
 企画展のために茶器セットをお願いしました
企画展中は焼き菓子や珈琲・紅茶もご用意しますが、
この茶器セットで「日本茶と手作りのお菓子」もご用意したいと思っています。

作家さんの器を実際に味わっていただけます。

Img_22da51465e17f3f488c0628651e97ddd
おもてなしが楽な3枚重ね、花器はアレンジのクラスで使用したベルギーの個性的な花器
Img_03ea1c7d2db9cde8bb7fbcddd75e84e9
レッスン後のお茶の時間も楽しみにしている時間です
Img_ef492ee2dbf0bbd054f51fb61268d1ef
すみれの花が咲く早春のテーブル
カフェ&ギャラリー「ラ・メゾン・デ・レギューム」の空間では、
毎月第3週の1週間のみ「アトリエ・イリヤ・スロー」の
テーブルコーディネートのレッスンが行われています。


2015年11月17日火曜日 午前のクラスを募集します。
現在3名の方の申し込みがありますので、ご興味のある方は
お早めにお申し込みください。


5名の方のお申し込みがありましたので募集は終了させていただきます。


時間:午前のクラス 10:30-12:00
定員:5名様
場所:「ラ・メゾン・デ・レギューム」



隠れ家のような空間で月1回だけ行われている教室です。
プライベートレッスンですので1クラス5名様のみとなります。
5名になり次第開講いたします。


和のテーブルでは 「日本の伝統」と「お茶のこころ」を基にして、
現代作家のものを使用した「和モダンなテーブル」をご提案しています。


また洋のテーブルは「フレンチスタイルの色彩」と自然を意識した
現代の暮らしにあったおもてなしのスタイルをご提案します。


レッスンでは「和と洋の2作品のテーブル」を見ていただきながら、
「おもてなし」の基本的な知識を学んでいきます。

日本人として、また大人の女性として知っておかなければならない
日本の風習や文化についても詳しくお話ししています。



基礎科の修了式は八事にあるレストラン「シェ・コーベ」でレストランでの「マナーについて」
又中級の修了式は名古屋・北区にある「茶懐石・志ら玉」で行っています。
「日本料亭でのマナー」や床の間の見方・露地や掛け軸などのお話もしています。


ブログ
 (Click!) 
「アトリエ・イリヤ・スロージャーナル2」
ではショップや美術館などアートな情報もお伝えしています。
Img_227bcdcca350b616f0e139606b214705
日本の骨董と現代作家の器を使った和モダンなテーブルを提案しています
Img_81c02a9cd3152277c913ef674ab5fab7
赤い実の林檎をセンターピースにした初秋のテーブル
Img_115bc52195a456db8be336c1e6323343
フランス・パリ4区で見つけたオブジェと器・古い文字と調和して周りの空気までも美しいものにしてくれます。
Img_17d7dd5266f8910d13813acccadd3ead
上級クラスでは花の色のグラデーションと花選びの大切さをお教えしています
現代のもの以外にも、ヨーロッパのアンティークにも日本の骨董にも、
美しいものがたくさんあります。


美しいものは国が違っても不思議に調和します。


そんな「古びたもの」をインテリアやテーブルのコーディネートに、
使うことで、「アトリエ・イリヤ・スロー」スタイルになります。


現代の暮らしにコーディネートしやすい「現代作家」の作品も紹介しています。
作家さんの作品は購入可能なものもありますのでお尋ねください。


花アレンジのレッスン

洋と和のテーブルの勉強後には
テーブル花(センターピース)やキャンドルリース・花束・玄関の迎花など、
季節の花と色を大切にした「アートな花器」を使った
「フレンチスタイル」の花のアレンジメントのレッスンも行っています。




 (Click!) 

お申込みは
メールまたはお電話でお申込みください

メール:ilyaslow@gmail.com
tel:052-832-3738

アトリエ・イリヤ・スロー  都木(たかぎ)早苗

Img_804ea656f02b5d1a97cf3a78a4f5237f
収穫祭として祝われたハロウィン。今年もたくさんの実りを与えてくれました。
10月31日はハロウィンパーティーへのお誘い

古代ケルト人が起源の秋の収穫祭をお祝いしましょう。


アンティークのキノコや剥製など「少し毒のあるディスプレイ」もご覧いただけます。
お楽しみに。
10月25日から予定していましたアンティークの企画展は
12月20日sun〜26日sat に延期になりました。

こちらもプレゼントにも喜ばれるアンティークのプレートや
クリスマスのためのテーブルと装飾もお楽しみいただけます。



場所: ラ・メゾン・デ・レギューム
時間:18:30−
定員:25名さままで
料金:お一人様   2500円
   立食のパーティ形式になります。
   スープ・メイン・サラダ・デザート・お飲もの(ワンドリンク付き)

お申し込み・お問い合わせ先
052−832−3738
   
Img_6e6870c5c65aa9fb41155f0a5e3d5c09
小山乃文彦さんのやわらかい粉引
Img_e3463c67b4e8a16afa4d7538e546113e
企画展最終日、お客様を待つ間ハックルベリーの実をジャムに。黒い丸々とした実が宝石のようでした。

NOMAD➕KILIM


2015・11・1sun  −11・7sat 
     期間中無休
11:30−18:00



「遊牧民の見た夢の風景」


オールドキリム
ニューキリム
チュル絨毯
アンティーク絨毯
クッションカバー
オットマン




西アジアの遊牧民が自然からインスピレーションをもらい、羊の毛を染め、手織りをして、
暮らしの一部として使い、飾られてきたキリム
キリムのあたたかい色彩が、寒くなるこれからの季節に彩りを与えてくれます。
ゆっくりとご覧いただき、一生もののキリムを見つけてください。


カフェとランチは通常営業になりますので、
水曜日・木曜日・金曜日・土曜日のみです
ランチとアフタヌーンティーは前日までのご予約になります。
Img_6e0c928e27343ef7af39db581b57395d
今年もキリムがレギュームに並びます。


Img_6a78af61133822e3dfd9b7ae8aebe837
オールドキリム 菱形の模様とブルーの色が美しいキリムです
Img_75f50f9268227c4e7b9aa1ba4a66c300
ニューキリム  自然に咲く花や木からインスプレーションを貰って描かれた模様 寒くなるこれからの季節に一枚欲しい敷物です。
Img_68dbd7917a9b0708d3ac88462c2bd22e
紅玉のアップルパイ 赤い紅玉のリンゴが今年も味わうことができる幸福
水曜日・木曜日・金曜日・土曜日の4日間の営業のカフェですが、
テーブルコーディネートのレッスンや企画展・フォトレッスンなども行われていていますが、
普段は静かなカフェです。



おいしい焼き菓子を焼いて、お待ちしています。




友人との語らいに、ときには本を持ってゆっくりしにいらしてください。

Img_c1481e10536951e4b04cbc78df3f7f75
アンティークのお皿に一切れのアップルパイを。
Img_7235358c6abf056f4e038f8a60631f60
スイートポテト・タルト サツマイモもおいしい季節です。
Img_c2db46a9411f05d622854648a7fe36be
今年で2回目のタンゴのライブです。

DATE:2015・11・23 Mon

TIME:11:30-LUNCH START 12:30-LIVE START

PRICE:4500YEN

PLACE:La maison des légumes
ラ・メゾン・デ・レギューム
Address:名古屋市天白区表台154番地

Tel: 052-832-3738
HP:www.lamaisondeslegumes.com
予約制となっておりますので、お早めにご予約ください。





アルゼンチンタンゴを母体としたDuoユニット「Duoシビルス&ミズノ」
(水野慎太郎・バイオリン/ホセ エルナン シビルス・ピアノ)として今回は5回目の日本ツアーになります。


日本とドイツ間でスカイプを使いリハーサルを行い(シビルスはドイツ在住のアルゼンチン作曲家)、2012年に初めての日本ツアーを成功させ、これまで複数回日本各地で演奏しています。


アルゼンチンタンゴ・タンゴ歌曲・ピアソラ作品・無伴奏・即興・自作作品
日本の唄等、二人のカラーを十分に生かしたレパートリーを持ち好評を得ている。


タンゴヴァイオリンの巨匠、スアレスパスの薫陶をうけたバイオリニストと欧州で作曲家としても活動するアルゼンチン人ピアニストによる甘美で刺激的な演奏をご堪能下さい。



<予定曲>
・「花咲くオレンジの木」 / エスポシト   
・「来るべきもの」/  ピアソラ
・「リアチュエロの霧」/ コビアン
・「恋人もなく」/ バルディ   
他、古典、新作タンゴ、無伴奏、自作曲、アルゼンチン民族音楽、など